TOP » 【特集】覆面調査(ミステリーショッパー)で現場のハード改善 » ミステリーショッパー委託会社比較リスト » ストラテジックマーケティング

Mystery

ミステリー
ショッパー

ストラテジックマーケティングの
ミステリーショッパーについて

消費者目線で店舗を評価するミステリーショッピング。
ストラテジックマーケティングでは、覆面調査を実施することで、新規顧客獲得やリピーターの定着を実現します。
情報感度の高い一般消費が、普段は目の行き届かないところまで徹底チェック。
「また来たい」をテーマに、マーケティング強化も図れるストラテジックマーケティングの「おもてなしミステリーショッピング」の魅力をご紹介します。

Mystery

ストラテジックマーケティングの特徴

「また来たい」がテーマのおもてなしミステリーショッピングリサーチ1

ストラテジックマーケティングのミステリーショッピングリサーチは、経済産業省に公式認定された認証支援サービス。「おもてなし規格認証制度」の審査に使用されており、「また来たい」「また利用したい」をテーマに、店舗ごと個別の改善策を提案します。

顧客として店舗を調査するのは、約22万人の一般消費者です。調査対象店が、調査員自らが利用したいと思っている店舗であれば、調査と同時に消費も期待でき、プロモーション効果も高くなります。

マーケティング強化も実現する独自のレポート2

覆面調査では、調査項目について「できている」か「できていない」かを評価することが重視されていました。ストラテジックマーケティングでは、さらにリピーターを増やすための要素を調査項目に盛り込んでいます。

また、消費者との接点ともなるSNSやWEBサイトなどの活用効果があるか、コミュニケーションやアプローチを実施しているかなども評価します。このように顧客満足度だけでなく、マーケティング強化にも繋がる点が、ストラテジックマーケティングの覆面調査の特徴です。

新規顧客やリピート顧客の獲得に繋がる3

調査員となるのは、対象店舗の商圏範囲内の場合がほとんどですが、あえて利用したことがない調査員を選定することも可能です。

覆面調査を機に自社店舗のサービスを体験してもらうことで、新規顧客の獲得にも繋がります。調査員に対して必ず実施している再来店意思確認では、約80%の人が「また利用したい」と回答しました。リピート客としての定着が見込めるのは、調査員が一般消費者であるからこそです。

情報感度の高い21万人の覆面調査員4

調査員にとって、普段から利用しない店舗を調査することはほぼないと言ってもよいでしょう。基本的に興味を持っている店舗に対して、調査したいという一般顧客心理が働きます。そのため店舗側と調査員のズレがなく、より精度の高い調査が可能となるのです。

また情報感度が高く、多くの改善点を指摘しますが、同時に良い点も評価するため、スタッフのモチベーションをあげることにも繋がります。お客様から感謝の言葉や評価で、売場の見える化が実現するでしょう。

Mystery

ストラテジックマーケティングの
覆面調査サービスの導入事例

ストラテジックマーケティングでは、ヘアサロンを中心に飲食店、不動産業、エステサロンなど幅広い業者で覆面調査を行っています。具体的な覆面調査サービスの導入事例をご紹介しましょう。

顧客満足度が大幅にアップ!

目的

1.店舗数が急に増えている企業において、それぞれの店舗管理を改善する
2.オペレーションチェックとQSCを上げるため

実施内容

1.調査レポートをアルバイトも含む全スタッフで共有し、良いところはさらに伸ばし、悪いところは改善
2.評価の良かった店舗を社内で表彰する制度をつくった

結果

1.店舗によって顧客満足度の差が激しく、200点中、約100点の差があった
2.最も低かった店舗の顧客満足度が86点から160点以上と大幅に改善
3.満足度の底上げに成功し、全体平均も40点以上向上した

ストラテジックマーケティングの提供サービス

  • セールスプロモーション&リサーチ事業
  • タイムスペースメディア事業
  • WEBマーケティング支援事業
  • EC事業

会社情報

社名
株式会社ストラテジックマーケティング
特色
セールスプロモーションとリサーチ業を展開。あらゆる店舗のニーズに応えています。約14万人のモニターによるマーケティングアンケートをメインに、ミステリーショッピングサービスも提供。
設立年月
2006年6月
資本金
1,000万円
従業員数
記載なし
TOP » 【特集】覆面調査(ミステリーショッパー)で現場のハード改善 » ミステリーショッパー委託会社比較リスト » ストラテジックマーケティング