TOP » 【特集】覆面調査(ミステリーショッパー)で現場のハード改善 » ミステリーショッパー委託会社比較リスト » メディアフラッグ

Mystery

ミステリー
ショッパー

メディアフラッグの覆面調査
(ミステリーショッパー)
について

研修制度が充実し、スタッフのランク分け制度も整ったメディアフラッグの覆面調査(ミステリーショッパー)は、どのようなサービスなのでしょうか。今回は業界でも屈指の人材の質を誇るメディアフラッグのサービス内容やスタッフの管理体制をまとめました。

Mystery

メディアフラッグの特徴

覆面調査
(ミステリーショッパー)
のスタッフ育成制度1

メディアフラッグには優秀な覆面調査員がそろっています。客観性と主観性を持ってお店の状況を正確に評価できる人材が多数在籍しており、スタッフのモチベーションアップが常に維持されるように、各人はランク制度によりランク分けされています。 また、メディアフラッグの社員は流通出身者が4割など業界経験者が多いため、調査内容に応じて最適な人選を行った上で、業界を知る教育社員が案件ごとに登録スタッフに対して、対面、Web、動画、電話を組み合わせ研修・教育を行います。

調査員の管理体制2

メディアフラッグでは、現場に派遣した覆面調査員からの報告書を、全国に約100名在籍するレポートチェッカーが確認し、フィードバックを行います。調査員に対しては依頼内容に応じた調査内容や調査形式が渡っているため、チェック内容に的外れなポイントが含まれないよう工夫がされています。登録の覆面調査員に対しては、アフターフォローとして業務時以外にも座談会や勉強会が開催され、気づきと学びの場が提供されています。

Mystery

メディアフラッグの
覆面調査サービスの導入事例

売り上げ向上、競合店の実情調査、現場のモチベーションアップ、顧客のリアルな評価などを求めて、ミステリーショッパーの導入を検討している小売店も少なくないと思います。実際にメディアフラッグの覆面調査サービスを導入した小売店では、どういった効果が得られているのでしょうか。

飲食チェーンで店舗の
実態の把握に成功

目的

大手居酒屋が、顧客目線での店舗実態を知りたいと、メディアフラッグのミステリーショッパーを導入。

実施内容

各店舗で覆面調査を実施。

結果

覆面調査員のレポートにより、クライアント企業は店舗の実態把握に成功する。

大手中古車買い取り
販売店が
フランチャイズ店での
スタッフサービス
向上に成功

目的

大手中古車買い取り・販売店が、競合他社との差別化のため、フランチャイズ店のCS強化を図りたいと考える。

実施内容

接客マニュアルを作成し、マニュアルを基準に覆面調査を全国のフランチャイズ店で実施

結果

「ブラックボックス」と言われる中古車市場で、フランチャイズ店の現状把握に成功。サービス向上に関して各店舗で取り組みが開始される。

大手ドラッグストアで
店舗の実態の把握に成功

背景

店舗数の拡大にともない経営者自らが店舗の状況を把握できなくなった。顧客からのクレーム数も増加している。

実施内容

各店舗に覆面調査員を派遣し、販売スタッフのスキルや店舗の実態を調査する。

結果

販売スタッフのスキル向上にともなう顧客満足度の向上と売り上げアップを実現。

メディアフラッグの
提供サービス

  • 覆面調査
  • 公開調査
  • 出口調査
  • コンサルティング
  • WEBアンケート

会社情報

社名
株式会社メディアフラッグ
特色
ラウンダー支援ビジネスを中心に、覆面調査も行う東京証券取引所マザーズ市場上場企業。年間取引10万件以上。覆面調査員の登録者数は25万人。スタッフの教育性の充実度は業界屈指。速報レポートは7日間で提出。外国人スタッフによる覆面調査にも対応する。
設立年月
2004年2月
資本金
340百万円(平成29年6月現在)
従業員数
698名(グループ全体)、約25万人(登録スタッフ)。
TOP » 【特集】覆面調査(ミステリーショッパー)で現場のハード改善 » ミステリーショッパー委託会社比較リスト » メディアフラッグ