TOP » 【特集】覆面調査(ミステリーショッパー)で現場のハード改善 » ミステリーショッパー委託会社比較リスト » インテージ

Mystery

ミステリー
ショッパー

インテージの覆面調査
(ミステリーショッパー)
について

総合情報サービス事業の大手として、覆面調査(ミステリーショッパー)も駆使するインテージ。東証一部に上場する業界大手で、他社の類似のサービスとは何が違うのでしょうか? 今回はインテージのミステリーショッパーサービスについてまとめました。

Mystery

インテージの特徴

覆面調査
(ミステリーショッパー)
のスタッフ育成制度1

インテージの覆面調査員は登録調査員と呼ばれ、インテージと業務委託契約を交わした人になります。

単に登録者数を誇示するのではなく、専門的な訓練を積んだ少数精鋭の登録調査員が700人所属しています。各業界に精通した専門スタッフが、厳しい視点から小売店の店舗の実態を調査しています。。人数こそ少ないですが、サービスの対象は全国各地に及び、全国のどこの店舗であっても調査が可能となります。インテージの社員は登録調査員に対して教育・研修を行い、自社のミステリーショッパーが主観的な顧客目線を基準に、統一された評価基準で客観的に現場を見て回れるように人材育成を行っています。

また、インテージが総合情報会社の大手ということもあり、覆面調査以外の来店客調査、アンケート調査などさまざまな調査にも登録調査員は携わっています。
調査の専門家として幅広い知識を獲得した登録調査員も数多く在籍していますので、プロの目線を持つ調査員が多いようです。

調査員の管理体制2

ミステリーショッパーを現場に複数回派遣し、評価の内容に均質性と客観性を持たせています。事前にクライアントである顧客との間で、最適な評価項目と評価尺度をすり合わせ、その評価基準を持って現場の調査員が活動できるような体制を整えています。改善点の抽出後は、定期的なフォローアップの調査、サービスを向上させるために必要なコンサルティング業務まで引き受けてくれます。

Mystery

インテージの
覆面調査サービスの導入事例

業界大手であるインテージの覆面調査を導入した企業は、各業界に多く存在します。自社スタッフの顧客評価を知りたい、本部のCSに関する決定事項が現場でどれくらい実現されているのか知りたい、通常の顧客満足度調査では見えてこない顧客の不満を知りたいといった場面で、導入されています。

インテージの
提供サービス

  • SCI(全国消費者パネル調査)
  • SLI(全国女性消費者パネル調査)
  • モバイル空間統計
  • 生活者調査モニター
  • SRI(全国小売店パネル調査)
  • SPI(全国店頭プロモーション調査)
  • SDI(全国一般用医薬品パネル調査)
  • インテージチラシインデックス
  • 海外市場データ
  • 海外調査
  • クロスボーダー領域サポート
  • など

会社情報

社名
株式会社インテージ
特色
社会調査研究所として1960年に創業。現在は東証一部上場企業。取引者数5,000社以上、取引業界65社以上の業界大手。プライバシーマーク取得。
設立年月
1960年
資本金
16億8,140万円
従業員数
1,997人(連結)、登録スタッフ700人
TOP » 【特集】覆面調査(ミステリーショッパー)で現場のハード改善 » ミステリーショッパー委託会社比較リスト » インテージ